雑誌読み放題について

雑誌読み放題サービス一覧【全10社をわかりやすく解説!】

2020年1月25日

雑誌読み放題サービスはKindle Unlimitedやdマガジンが有名ですが、すべてのサービスを合わせると「10社」もあります!

この記事では、雑誌読み放題サービス10社をグラフ付きで解説しつつ、基本情報やメリット・デメリットも紹介します!

評価チャートの見方はこちら

「評価チャート」のタブに切り替えると、上記のようなレーダーチャートが表示されます。

レーダーチャートは5つの項目を5段階評価していて、それぞれの評価基準は以下の通りになります。

  • 料金:どれだけ安いのか
  • 雑誌数:ラインナップの充実度
  • 特典:雑誌読み放題以外の特典
  • 操作性:アプリやウェブサイトの使いやすさ
  • 検索機能:雑誌の探しやすさ

雑誌読み放題サービスごとの「強み」と「弱み」がひと目で分かるので、選ぶときや比較するときに参考にしてください。

※「基本情報」と「評価チャート」はタブをクリックすると切り替えできます。

楽天マガジン




料金 月額380円
年額3,600円
雑誌数 450誌以上
バックナンバー
ダウンロード機能
雑誌以外の特典
無料期間 31日間
運営会社 楽天株式会社

メリット

  • 450誌以上の雑誌が読み放題
  • 雑誌読み放題サービスの中で料金の安さ No.1!
  • 楽天スーパーポイントが貯まる・使える
  • 楽天会員なら約1分で登録完了

デメリット

  • マンガ雑誌が一切ない
  • 登録するのにクレカまたはデビットが必要
  • iOS端末はバックグラウンドで雑誌をダウンロードできない

dマガジン




料金 月額400円
雑誌数 450誌以上
バックナンバー
ダウンロード機能
雑誌以外の特典
無料期間 31日間
運営会社 株式会社NTTドコモ

メリット

  • 450誌以上の雑誌が読み放題
  • るるぶやことりっぷの旅行ガイドが読み放題
  • アプリが使いやすい
  • 雑誌だけでなく記事単位で検索可能

デメリット

  • マンガ雑誌が1冊もない
  • dポイントが貯まるけど使えない
  • 即時解約ですぐに雑誌が読めなくなる

Kindle Unlimited




料金 月額980円
雑誌数 200誌以上
バックナンバー
ダウンロード機能
雑誌以外の特典 本やマンガが読み放題
無料期間 30日間
運営会社 Amazon

メリット

  • 12万冊以上の本、マンガ、雑誌が読み放題
  • 電子書籍リーダー「Kindle」で読める
  • お得なキャンペーンを定期的に実施
  • Amazon会員なら1分ぐらいで登録完了

デメリット

  • 同時に利用できるのは10冊まで
  • 読み放題作品が探しづらい
  • 配信終了日が分からない

ブック放題




料金 月額500円
雑誌数 300誌以上
バックナンバー
ダウンロード機能
雑誌以外の特典 マンガ読み放題
無料期間 1ヶ月間
運営会社 株式会社ビューン
(ソフトバンクグループ)

メリット

  • 300誌以上の雑誌が読み放題
  • 旅行ガイド「るるぶ」が100冊ほど読み放題
  • 3万冊以上のマンガ読み放題
  • キーワードから記事や雑誌を探せる

デメリット

  • マンガ読み放題は旧作ばかり
  • ダウンロード機能が使いづらい
  • 即時解約で日割り計算されない

auブックパス




料金 マガジンコース:月額380円
総合コース:月額562円
雑誌数 300誌以上
バックナンバー
ダウンロード機能
雑誌以外の特典 本やマンガなどの読み放題
(※総合コースのみ)
無料期間 30日間
運営会社 KDDI株式会社(au)

メリット

  • 300誌以上の雑誌が読み放題
  • 総合コースなら4万冊以上の本やマンガなども読み放題
  • マガジンコースの料金が安い
  • 最新刊や人気作品を購入して読める

デメリット

  • アプリが使いづらい
  • 雑誌(最新号)の配信日が遅い
  • au以外の方は登録するのが大変

Tマガジン




料金 無料
雑誌数 80誌以上
バックナンバー
ダウンロード機能
雑誌以外の特典
無料期間
運営会社 株式会社Tマガジン
(TSUTAYAグループ)

メリット

  • 80誌以上の雑誌が読み放題
  • 誰でも無料で利用できる
  • 面倒な会員登録は一切不要
  • バックナンバーも読める

デメリット

  • 雑誌をダウンロードできない
  • 広告が表示されて雑誌が読みづらい
  • アプリに対応していない

BOOK☆WALKER




料金 月額760円
雑誌数 80誌以上
バックナンバー
ダウンロード機能
雑誌以外の特典 マンガ読み放題
無料期間
運営会社 株式会社ブックウォーカー
(KADOKAWAグループ)

メリット

  • 60誌以上のマンガ雑誌が読み放題
  • マンガ雑誌の品揃えはNo.1!
  • ゲーム雑誌やアニメ雑誌も充実している
  • 5,000冊以上のマンガ読み放題

デメリット

  • 雑誌数が少ない
  • アプリが使いづらい
  • 無料期間がない

タブホ




料金 月額500円
雑誌数 200誌以上
バックナンバー
ダウンロード機能
雑誌以外の特典
無料期間 アプリ:24時間
ブラウザ:なし
運営会社 株式会社オプティム

メリット

  • 200誌以上の雑誌が読み放題
  • 増刊・ムックをあわせると900冊以上が読み放題
  • コンビニやアプリ内課金などの多彩な支払い方法
  • キーワードからページ単位で検索可能

デメリット

  • 雑誌の最新号が読めない(1号遅れて配信)
  • 同時に複数端末で利用できない
  • 無料期間が短い

U-NEXT




料金 月額1,990円
雑誌数 70誌以上
バックナンバー
ダウンロード機能
雑誌以外の特典 14万本以上の動画見放題
1200ポイント付与
無料期間 31日間
運営会社 株式会社U-NEXT

メリット

  • 70誌以上の雑誌が読み放題
  • 14万本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題
  • 毎月1,200円相当のポイント付与
  • ポイントでマンガ・本(電子書籍)などを購入できる

デメリット

  • 月額料金が高い
  • 動画がメインで雑誌が少ない
  • 雑誌のバックナンバーが読めない

FOD




料金 月額888円
雑誌数 100誌以上
バックナンバー
ダウンロード機能
雑誌以外の特典 2万本以上の動画見放題
最大1,300ポイント付与
無料期間 1ヶ月間
運営会社 株式会社フジテレビジョン

メリット

  • 100誌以上の雑誌読み放題
  • 2万本以上の映画、ドラマ、アニメが見放題!
  • 最大1,300円相当のポイントがもらえる
  • ポイントで動画や書籍をレンタル・購入できる

デメリット

  • 雑誌のバックナンバーが読めない
  • 動画がメインで雑誌数が少ない
  • 8のつく日を逃すとポイントがもらえない

雑誌読み放題サービス一覧まとめ

サービス名 料金 雑誌数 無料期間
楽天マガジン 月額380円
年額3,600円
450誌以上 31日間
dマガジン 月額400円 450誌以上 31日間
Kindle Unlimited 月額980円 200誌以上 30日間
ブック放題 月額500円 300誌以上 1ヶ月間
auブックパス 総合コース:月額562円
マガジンコース:月額380円
300誌以上 30日間
Tマガジン 無料 80誌以上
タブホ 月額500円 200誌以上 24時間
(アプリ限定)
BOOK☆WALKER 月額760円 80誌以上
U-NEXT 月額1,990円 70誌以上 31日間
FODプレミアム 月額888円 100誌以上 1ヶ月間
※スマホ・タブレットは左右スワイプで表を動かせます。

雑誌読み放題サービス 評価チャートまとめ

どれを選べばいいのか分からない方は、雑誌読み放題サービスおすすめランキングを参考にしてください。

おすすめ記事
雑誌読み放題サービスおすすめ人気ランキング【2020年最新版】

続きを見る

-雑誌読み放題について
-

© 2020 雑誌ナナメ読み!